FX取引で資産を増やす

FXは投資取引であるために、多くの人たちがこの取引で成功を重ね続けて、利益をどんどんと積み上げて、自分の資産を増やしていくことを目的としていると思います。

しかし、実際のFX投資の状況を見ていると、取引きに成功して実際に利益を積み上げている人たちと、真剣に取引きに向き合っているにもかかわらずに全体的に減収となって資産を失っていく人たちとに分かれています。

この違いには様々な要因がかかわってくることとは思いますが、そうした要因の一つに、取引きの成功にこだわりすぎている、という事が挙げられると思います。
このようなケースに陥っている投資の結果のパターンは、取引きの回数は順当の多くなっており、そのうちの多くで利益を得ているが、損失で失う資金がその利益の足を大きく引っ張り、実質的な利益としてほとんど効力を発揮していないか、もしくは損失の方向になって資産を減らしている、という形になります。

FXでは、外国為替市場の為替相場を利用して取引を行っており、世界中の投資家、企業、銀行などが通貨売買をしている市場であるために、この為替レートの変動を予測することは非常に難しいものとなっています。

こうしたことから、FXでは常に勝ち続けることはできないため、求めるものは勝率ではなく、利益率という事になるのですが、先のケースでは勝率にこだわってしまうために、少ない利益で注文を決裁してしまうため、積み上げた成功による利益がとても知策なってしまうのです。

また、取引きに勝ちたいがために損失で決済することを嫌い、利益方向にレートが動くまで待ち続けるため、これにより損失を回避できることもあるのですが、回避できない場合には極めて大きな損失になってしまったところでの決済となるために、一回の損失の値が大きく、これによって利益の足を大きき引っ張ってしまい、トータルの投資の結果として、資産を失っていく、いわゆる「しくじった投資」になってしまうのです。

こうしたことを防ぐためには、利大損小という考え方をしっかりとしみこませ、利益は大きくなるまでじっくりと待ち、損失になるようであればすぐに自ら決済をして、その損失を被ることで損失の拡大を防ぐのです。

例えば、取引きを始めた時点で、あらかじめ損失を最小に抑えるために損切りの注文を逆指値注文で入れておくことなどで、損失を自分の思うと売りにコントロールすることができるので、こうしたことを実践していくのがよいでしょう。