短期投資について

sdf6u4sfhure8取引した通貨を長く保有せずに、1日で決済する事を短期投資といい、デイトレードという呼び方もされます。たった1日で決済をすませ取引を終了するというこのスタイルは、毎日変動する相場を見守る投資ではなく、短期の動きに着目して投資を行います。

長期取引や中期取引の場合は、買い注文を行う必要がありますが、デイトレードでは売りから入る事が可能です。通常、売り注文ではスワップ金利がマイナスとなるため、長期投資のようにスワップ金利による利益は望めません。

しかし、即日決済を行うデイトレードでは、スワップ金利自体が全く関係ないので、利益とならない代わりにスワップ金利がマイナスとなってデメリットを被る事もないのです。

上記のことからも、デイトレードでは為替差益で利益を生み出すしかありません。為替差益を得るためには、テクニカル分析を活用して短期投資を行う必要があります。

また、デイトレードの場合はFX業者選びも重要となり、手数料の高い業者は選択しないようにしましょう。ですが、手数料無料のハイロー業者では手数料無料と言いながらその分スプレッドを高く設定しているケースがあるので、注意が必要です。

取引手数料もスプレッドも1回ごとに発生する料金ですから、この金額差は以外と大きいのです。

超短期投資について

スキャッピングともいう超短期投資は、即日決済を行うデイトレードよりも更に短い1分以内の超短期売買を繰り返し行っていく投資方法です。

デイトレードと同じように、テクニカル分析を用いることで攻略を行います。またスワップ金利は、関係ないために為替差益で利益を生んでいくように仕向けなくてはなりません。

為替相場とは、常に変動していき、時にはたったの数秒間で、多くの業者が設定している最低単位の10000通貨で1000円から2000円程の利益を生み出す事も少なくないのです。

こうして超短期の取引を1日に多ければ何百と繰り返しながら、100円から数千円程度までの利益を積み上げるのが超短期投資の目的とも言えます。超短期投資では、デイトレードよりも更に手数料やスプレッドが重要となりますから、それを踏まえた上で業者選びをしましょう。